Labo Express Super数ぐるめ3のご案内


従来、たいへん手間の掛かった、保育園・学校等のスナップ写真の見本作りから集計、袋詰め作業を画期的に
省力化したコンピューターシステムが非常にリーズナブルな低価格で新登場しました。


1.従来の面倒な手作業を追放しました。

① ネガ合わせ、番号振り不要です。 写真の裏に通しナンバーを自動的に印字します。
② 生徒さん別の集計は、フォーマット画面で誰でも簡単に行うことが出来ます。
③ 焼増しプリントは、全自動でボタン一つで出力します。(フィルム使用せず、補正無しで行えます)
④ 写真のかるた拾いは必要ありません。 生徒さんごと、プリンターから写真が出てきます。

2.フィルムもデジタルメディアも混在可能です。

3.プリンターのメーカー・機種を問いません。
 (ノーリツ鋼機製QSS27以降、フジフロンティア等デジタル機など)
    プリンター機械のソフトは変更しません。

4.大型インデックス方式の写真見本も自由なサイズで作成可能です。
 最大914×914mm (400dpi)まで対応します。解像度を下げればA全判も可能です。
    学校の図書館に記録保存するのにも最適です。
 インデックスの背景色を設定できます。(バージョン3以降)

5.圧倒的な省力化により、パートさんコストを大幅に削減します。従来の1/5以下になります。 
    パートさんの給与2ヶ月分がすぐに節約出来ます。

6.大幅に時間が節約出来ます。徹夜してのかるた拾いはもう必要ありません。
    修学旅行くらいだったら、翌日納品も平気です。 他店との競争力をUPさせます。

例えば共同開発元のはる写真室では、幼稚園のクリスマス会の注文126人分約1100枚を
夜10時から12時のたった2時間で集計から袋詰めまで行っております。

(以下はバージョン3から追加された機能です)

7.写真番号(連番)作成が9999番まで可能です。
 注文者番号も4999番まで可能です。

8.連番作成時に元画像ファイルのファイル名の番号から連番番号を取り込めます。
 (全角数字対応、桁数が足りない場合には4桁化)

9.インデックス作成時に最初に実物大サイズや価格についてのページを挿入可能です。

10.Web用展示のサンプル文字マーク入り縮小画像とサムネイル画像を作成出来ます。
 Webでの簡易展示用のHTMLファイルが付属します。
 (FTP機能や注文管理機能などはありません。)

11.楽々!集合写真Expressバンドル版が付属します。
 フォルダ単位で集合写真文字入れの連続処理が可能です。

 

12.動作環境

Windows2000/XP メモリ 1GB以上2GB以上推奨
Windows Vista/7/8/8.1 メモリ 2GB以上 3GB以上推奨
デジタルプリンタがある場合はLANの設定や共有フォルダの設定が終わっている必要があります。


13.製品スペック
  登録フィルム本数 200本以下(スキャン時にフォルダを纏めればそれ以上も可能)
  登録写真枚数 10,000枚未満
  インデックス L判サイズから914mm×914mm (400dpi)まで対応。自由に設定可能
  注文者    5000人未満(入力を分ければそれ以上も対応可能)
  集計可能サイズ 5サイズ以下

<体験版ダウンロード>
『Labo Express Super数ぐるめ3体験版』をダウンロード出来ます。
(2014/02/20 ノートン インターネットセキュリティ にてウイルスチェック済です)



<メイン画面>

 
<作業フロー>

 
システムとしては、見本写真の追加、注文の追加、集合写真注文等配慮してあります。

ご注意

システムスペック
(1) デジタルプリンターと外部オンラインパソコンが繋がっていること。繋がっていない場合はメディア媒体が必要です。
(2) 認証登録の手続きが必要です。(インターネットと繋がっていない場合はご相談下さい)

楽々!学校写真システム 開発の経歴
開発者は、コニカ直営会社で20年ぐらい前にオフコンで学校写真の集計・自動プリントのシステムの開発に携わる。東京・大阪の大手ラボにも導入指導を行う。その経験に基づいて、かるた拾いも自動化したパソコン上でシステムを構築した。

同種ソフトが採用しているDPOFをあえて使わず高解像度のデジタルカメラなどをすべて4BASEに落として、デジタルでもネガでも統一して扱う事で高い作業効率を実現した。また4BASEへ落とす際に色補正を行ってメディア保存する事によりプリントの際の高速化を可能にしている。
製品発表は2005年7月のコニカフェアだが動作検証期間を含めて既に1年の稼動実績を持ち7ヶ月間でラボ2社、写真館・写真店など24店舗に導入されている。多い店舗では既に10~30万枚を処理している。
その後西東京学校写真組合向けに複数サイズに対応、組合が開発した注文集計ソフトのデータ読み込み機能などを追加して様々な状況に対応可能になった。